前へ
次へ

マッサージのコツを覚える

マッサージを自分ですることもありますが、相手にしてあげるという場合もあります。自分の足や腕、顔などは力の調整などは自分の感覚で把握できます。しかし、他の人をマッサージするという場合には、適度な力加減というものが必要です。力任せにせず、手のひら全体を使い、自身の体重などをうまく利用して適度に相手の筋肉をほぐしていきましょう。握力や腕だけの力に頼ってしまうと短時間でかなり疲れてしまうため、体重を腕にのせることで、力加減を調整するとある程度長時間でもそれほど疲れずに済みます。マッサージオイルなどを、使用してみるというのも有効な手段です。自身の手にオイルをつけて体温で温めてから相手に塗りましょう。オイルなどがあることで、摩擦による抵抗が軽減されるため相手に不快感を与えずに済みます。マッサージは、一回だけでなくできれば定期的に行うことも大切です。筋肉疲労を回復する、こりをほぐしていくことで精神的にもリラックスできる点からストレス解消にもつながります。

Page Top